hxxdr

百人一首

1、秋の田のかりほの庵の苫を荒みわが衣手は露に濡れつつ
秋收稻岸宿,过夜搭茅屋。露浸湿衣袖,原来苫太疏。

2、春过ぎて夏きにけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山はるすぎてなつきにけらし しろたへのころもほすてふあまのかぐやま——持统天皇 
香具山光好,谁家晾素衣。夏风吹袖满,不必唤春归。

3、あしびきの山鸟の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む---柿本人麻吕 
空房唯孤影,相伴数流光。多少未眠夜,谁怜更漏长? 

4、田子の浦にうちいでてみれば白妙の富士の高岭に雪は降りつつ——山部赤人 
田子浦前抬望眼 且看富士雪纷纷 

5、奥山に红叶ふみわけ鸣く鹿の声きく时ぞ秋はかなしき/猿丸大夫
奥山秋意染红林,鸣鹿声声悲不禁。我自驻足空感慨,凭谁安慰寂寥心?

6、かささぎの渡せる桥に置く霜の白きを见れば夜ぞふけにける(中纳言家持)
飞桥渡鹊影,霜白楚天高。夜尽山腰处,明夕拟再招。 

7、あまの原、ふりさけ见れば、春日なる、三笠の山に、いでし月かも——安倍仲麻吕 
心驰千万里,身在异国边。今日长安月,犹如三笠山。


8、わが庵は、都の辰巳、しかぞ住む、世をうぢ山と、人はいふなり——喜撰法师 

结庵自在京东南,何必云云宇治山。(暗含“结庐在人境,而无车马喧。问君何能尔?心远地自偏。”之意) 

9、花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに/小野小町 
易褪花容人易老,绵绵苦雨吾身抛。 

10、これやこの、行くも帰るも、别れては、知るも知らぬも、あふ坂の関 
古今多少悲欢事,逢坂关前知不知?


11、わたの原、八十岛かけて、漕ぎ出でぬと、人には告げよ、あまの钓り船わたのはら、やそしまかけて、こぎいでぬと、ひとにはつげよ、あまのつりぶね
我向茫茫岛上行,生涯从此类浮萍。孤舟一棹成千里,借语渔夫告友朋。 

12、天つ风、云の通ひ路、吹き闭ぢよ、をとめの姿、しばしとどめむあまつかぜ、くものかよひぢ、ふきとぢよ、をとめのすがた、しばしとどめむ
舞姬美也哉,犹似九天来。但使风云归路断,仙姿长驻在凡间。

13.筑波岭のみねより落つるみなの川恋ぞつもりて渊となりぬる/阳成院
筑波岭下飞流涌,多少相思赴忘川。 

14、陆奥の、しのぶもぢずり、谁ゆゑに、乱れそめにし、われならなくにみちのくの、しのぶもぢずり、たれゆえに、みだれそめにし、われならなくに
衣纹缭乱缘何故,心绪斑驳只为卿。 

15、君がため、春の野に出でて、若菜摘む、わが衣手に、雪は降りつつ
初春田野霁,若菜正繁时。愿采送伊人,雪融衣袖湿。 

16、たち别れ、いなばの山の、峰に生ふる、まつとし闻かば、今帰り来むたちわかれ、いなばのやまの、みねにおふる、まつとしきかば、いまかへりこむ
别后愁肠断几回,松风犹似唤侬归。 

17、ちはやぶる、神代も闻かず、竜田川、からくれないに、水くくるとはちはやぶる、かみよもきかず、たつたがわ、からくれないに、みずくくるとは——在原业平朝臣
神代未闻今日见,飘飘枫叶染竜川。

18、住の江の、岸による波、よるさへや、梦の通ひ路、人めよくらむすみのえの、きしによるなみ、とるさへや、ゆめのかよひぢ、ひとめよくらむ——藤原敏行朝臣
欲借江波通梦境,伊人不见使人愁。 

19.难波潟短かき芦の节の间も逢はでこの世を过ぐしてよとや/伊势
难波滩上芦苇短,片刻相逢片刻阑。岁月无端空等逝,飘零此世不多年。 

20.わびぬれば今はた同じ难波なる身をつくしても逢はむとぞ思ふ/元良亲王
风雨城中满,相思蚀骨销。逢君何可畏?舍死作澪标。

21、今来むといひしばかりに长月の有明の月をまち出でつるかな。——素性法师
长夜候君君不至,阶前明月等多时。

22、吹くからに秋の草木のしをるればむべ山风をあらしといふらむ/文屋康秀
山风骤起如岚雾,时至秋深草木枯。 

23.月见ればちぢに物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど/大江千里
明月满前窗,千愁不可量。秋来光万里,岂照一人伤。 

24.このたびはぬさもとりあへず手向山红叶のにしき神のまにまに/菅家
币帛未带因羁旅,红叶满山持献神。 

25.名にし负はば逢坂山のさねかづら人に知られでくるよしもがな/三条右大臣
逢坂山中真葛草,相思缠系万千条。愿随枝蔓到君処,不被人知不必逃。 

26.小仓山峰のもみぢ叶心あらば今ひとたびのみゆき待たなむ/贞信公
秋霜醉红叶,遍染小仓山。莫使凋零去,明朝待圣颜。

27、みかの原わきて流るるいづみ川いつみきとてか恋しかるらむ/中纳言兼辅
瓶原河水分,涌到泉川边。我自空追慕,相逢在哪天? 

28.山里は冬ぞさびしさまさりける人目も草もかれぬと思へば/源宗于朝臣
冬歌(五绝)冬至此山上,与时寂寞长。草枯随万物,人亦逐炎凉。 

29.心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花/凡河内躬恒
采菊初霜日,霜白菊亦白。菊霜不可辨,反复迟疑摘。

30、有明のつれなく见えし别れよりあかつきばかり忧きものはなし。——壬生忠岑
谁知寂寞苦,残月挂长天。我自别离后,思君夜不眠。或者明月照无情,此别吞恨声。如今愁影对,破晓有黎明?

31.朝ぼらけ有明の月と见るまでに吉野の里にふれる白雪/坂上是则
朦胧睡醒床前月,却是皎皎雪映窗。

32、山川に风のかけたるしがらみは流れもあヘぬ红叶なりけり。——春道列榭
清风微蹙浪,红叶动幽川。此景当天赐,深秋志贺山。(越志贺山时咏)
33、久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ/纪友则
今朝春日里,本拟共芳尊。无奈樱花落,纷纷乱我心。 

34.谁をかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに/藤原兴风 
旧友凋零离此世,高砂松树不相识。我今孤寂凭谁问?一处忧伤几处知? 

35、人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける。——纪贯之
故地重来日,幽幽我自伤。今人已不在,徒有旧花香。 

36、夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを云のいづこに月宿るらむ/清原深养父
夏夜未觉曦已至,月将云借不思归。 

37.白露に风の吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞ散りける/文屋朝康
清秋原野上,风动增天凉。多少珍珠露,纷纷散远方。

38、忘れるる身をば思はず誓ひてし人の命のをしくもあるかな——右近
波澜誓在否?君意不能违。见弃如秋扇,相抛何太急? 

39.浅茅生の小野の篠原しのぶれどあまりてなどか人の恋しき/参议等
篠原竹满地,茅草似侬忧。难掩相思意,为情转侧愁。 

40、忍ぶれど色に出にけりわが恋は物や思ふと人の问ふまで/平兼盛
相思眉宇上,欲掩不由心。我自忧思甚,不需诘问人。

041.恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか/壬生忠见
初恋在闺中,避人但恐言。谁知蜚语快,举世已风传。 

42、契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは。——清原元辅
今日泪盈袖,犹思相契坚。爱如波浪涌,吞此末松山。 

43、あひみてののちの心にくらぶれば昔はものを思はざりけり。——权中纳言敦忠
相识犹恨晚,相爱费痴缠。爱恨纠结中,此心难复前。 

44.逢ふことの绝えてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし/中纳言朝忠
邂逅逢时心已动,而今倾慕两难中。人生若只如初见,不必相思满畵栊。 

45.哀れともいふべき人は思ほえで身のいたづらになりぬべきかな/谦徳公
爱上无情女,终朝寂寞身。蹉跎空耗命,吾体渐湮沦。 

46.由良の门を渡る舟人かぢを绝えゆくへも知らぬ恋の道かな/曽祢好忠
由良峡水急,欲渡无舟楫。纵此飘飘去,真情不可及。 

47.八重むぐらしげれる宿のさびしきに人こそ见えね秋は来にけり/恵庆法师
杂草漫庭院,千丛叶自长。繁华今已逝,寂寞享秋光。 

48.风をいたみ岩うつ波のおのれのみくだけて物を思ふころかな/源重之
君似岩石我似浪,斯心撞碎君应知。 

49.みかきもり卫士のたく火の夜はもえ昼は消えつつ物をこそ思へ/大中臣能宣朝臣
相思之焰随篝火,昼夜无眠摧心肝。 


50.君がため惜しからざりし命さへ长くもがなと思ひけるかな/藤原义孝
幽情一夜求长久,为爱不惜抛死生。

51.かくとだにえやはいぶきのさしも草さしもしらじなもゆる思ひを/藤原実方朝臣
伊吹艾草茂无垠,犹若相思泪满襟。我有痴情能付欤?焚心焚爱亦焚身。 

52.明けぬれば暮るるものとは知りながらなほうらめしき朝ぼらけかな/藤原道信朝臣
晓日催分袂,迟迟不忍归。纵然今夜见,犹恨此朝晖。 

53.なげきつつひとりぬる夜のあくるまはいかに久しきものとかはしる/右大将道纲母
太息复太息,寂寞了无时。多少未眠夜,问君知不知? 

54、忘れじのゆく末まではかたければ今日を限りの命ともかな。——仪同三司母
君言不忘到来世,今日何妨许此生。 

55、滝の音はたえて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ闻こえけれ。——大衲言公任
天生飞瀑涛声烈,不负名传天下长。 

56.あらざらむこの世のほかの思ひ出にいまひとたびの逢ふこともがな/和泉式部 
我命将休矣,黄泉路已明。不求得恕免,唯愿与君逢。 

57、めぐりあひてみしやそれともわかぬまに云がくれにし夜半の月かな。——紫式部
长盼相逢恨未逢,相逢不至各西东。无奈恰如夜半月,匆匆总在密云中。

58.有马山猪名の笹原风吹けばいでそよ人を忘れやはする/大弐三位 
猪名川岸青原野,有马山中竹叶林。君爱渐疏终不忘,山风犹助我声音。 

59.やすらはで寝なましものをさ夜ふけてかたぶくまでの月を见しかな/赤染卫门 
夜阑难入梦,君诺却成空。我自痴心甚,叹息望月中。 


60、大江山生野の道の远ければまだふみも见ず天の桥立。——小式部内侍
大江山路远,桥立未曾临。我自才思敏,何须问母亲?

061.いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな/伊势大辅 
奈良城里牡丹樱,烂漫香薰透九重。 

62、夜をこめて鸟のそらねははかるともよに逢坂の関はゆるさじ。——清少纳言
莫学鸡叫过函谷,逢坂关前妾意绝。 

63.いまはただ思ひ绝えなむとばかりを人づてならで (语yan)ふよしもがな /左京大夫道雅 
飞祸终绝爱,音书俱渺茫。明朝能见否,相对诉衷肠。 


64.朝ぼらけ宇治の川雾たえだえにあらはれわたる瀬々の网代木/権中纳言定頼 
宇治临冬晓,幽幽冷雾中。鱼梁时现隐,江水正冥蒙。 

65.うらみわびほさぬ袖だにあるものを恋にくちなむ名こそをしけれ/相模 
袖上潜垂泪,花间枉断肠。清名遭毁誉,憔悴谁知伤? 

66.もろともにあはれと思へ山桜花よりほかに知る人もなし/前大僧正行尊 
深山人罕至,却遇樱花开。物我两相忘,唯它慰我怀。 

67、春の夜の梦ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそおしけれ。——周防内侍
春夜梦阑当睡去,不堪手枕叹名声。 

68.心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな/三条院 
滚滚红尘终误我,今宵夜月可流连? 

69.あらしふく三室の山の红叶は立田の川のにしきなりけり     
能因法师红叶风吹散,秋深三室山。飘飘如绣锦,尽染龙田川。


70、寂しさに宿を立ち出でてながむればいづこも同じ秋の夕暮れ。——良暹法师
出门抬望眼,寂寞四周空。暮霭沉沉过,秋凉萧瑟中。或者译为:寂寞门前空怅望,秋光暮色正苍茫。

71.夕されば门田の稲叶おとづれて芦のまろやに秋风ぞ吹く/大纳言経信 
田野暮苍茫,风吹瑟瑟凉。稻田甫掠过,又到芦屋旁。 

72.音に闻く高师の浜のあだ波はかけじや袖のぬれもこそすれ/佑子内亲王家纪伊 
高师海浪涌,来去不能知。将此喻君爱,使吾衣袖湿。 

73.高砂の尾の上の桜咲きにけり外山のかすみたたずもあらなむ/前権中纳言匡房 
雾起氤氲遮望眼,樱花烂漫远峰间。 

74.忧かりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを/源俊頼朝臣 
佛前空祝祷,何奈总无情?初濑山归去,痴心付冷风。 

75.ちぎりおきしさせもが露を命にてあはれ今年の秋もいぬめり/藤原基俊 
来是空言去是蓬,譬如朝露已尘封。老来渐觉秋怀冷,人世无常逝晚风。 

76.わたの原こぎいでて见れば久方の云居にまがふ冲つ白波/法性寺入道前関白太政大臣 
放眼极悠远,茫茫一小船。海天相吻处,犹有水云翻。 

77.瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ/崇徳院 
急流岩上碎,无奈两分离。早晚终相会,忧思情愈深。

78.淡路岛かよふ千鸟のなく声に几夜ねざめぬ须磨の関守/源兼昌 
淡路鸟飞徊,鸣声多少悲。须磨征戍客,夜夜梦魂违。 

79.秋风にたなびく云のたえ间よりもれいづる月の影のさやけさ/左京大夫顕辅 
秋风飒飒吹悠远,月在浮云隙处明。 


80.长からむ心もしらず黒髪のみだれてけさは物をこそ思へ/待贤门院堀河 
曾言心不变,我自意迟迟。今日散青发,忧思君可知?

81、其一、ほととぎす鸣きつる方をながむればただ有明の月ぞ残れる——藤原实定
清夜子规啼,声声碎耳旁。遍寻空不见,残月晓天长。
或译:天色曦微闻杜宇,举头新月一弯残。 

82.思ひわびさてもいのちはあるものを忧きにたへぬは涙なりけり/道因法师 
爱上无情恨不生,眉头心底两难平。岂堪热泪朝朝下,成线成行不可停。 

83、世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鸣くなる。——皇太后宫大夫俊成
茫茫尘世路,奔走不曾停。此意无人会,且听山鹿鸣。 

84.ながらへばまたこのごろやしのばれむ忧しと见し世ぞ今は恋しき/藤原清辅朝臣 
人生何处是终极,往事悠悠付累灰。今日伤怀明日判,几分甜蜜几分悲。 

85.夜もすがら物思ふころは明けやらぬ闺のひまさへつれなかりけり/俊恵法师 
夜夜苦捱君不至,无情板隙更无光。 

86.なげけとて月やは物を思はするかこち颜なるわが涙かな/西行法师 
望月空长叹,愁思万万千。蟾光何罪有?我自泪潸然。 

87.村雨の露もまだひぬまきの叶に雾たちのぼる秋の夕ぐれ/寂莲法师
骤雨初歇村似画,蒙蒙夕雾满秋山。 

88、难波江の苇のかりねのひとよゆゑ身をつくしてや恋わたるべき/皇嘉门院别当
难波江上芦,犹为记今夕。我义无回顾,忠贞永不移。
或译为:难波芦短良宵短,妾自情长君亦长?

89、玉の绪よ绝えなば绝えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする/式子内亲王

此身当绝直须绝,何必深情藏掖着。 

 

90.见せばやな雄岛のあまの袖だにもぬれにぞぬれし色はかはらず/殷富门院大辅

渔夫衣袖空湿透,不如我泪染成红。

91.きりぎりす鸣くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む/后京极摂政前太政大臣
被天席地秋深矣,满室清霜一客孤。 

92.わが袖は潮干にみえぬ冲の石の人こそしらねかわくまもなし/二条院讃岐
抛情洒泪皆因汝,爱似礁石隐不出。 

93、世の中は常にもがもな渚こぐ小舟の纲手かなしも——镰仓右大臣
时间随水逝,生命本恒长。君看纤夫影,壮哉断我肠。

94.み吉野の山の秋风さ夜更けてふるさと寒く衣うつなり/参议雅経
秋风吹瑟瑟,吉野夜幽清。万户捣衣起,增我故园情。 

95、おほけなくうき世の民におほふかな我がたつ杣に墨染の袖。——前大僧正慈圃 
人间岁月何悠远,思绪无边比睿山。安得佛光舒广袖,众生从此开欢颜。 

96、花さそふ岚の庭の雪ならでふりゆくものはわが身なりけり。——前太政大臣入道
山风庭院过,花落舞纷纷。坐看犹霜鬓,蹉跎似我身! 

97.来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くやもしほの身もこがれつつ/権中纳言定家
思君不得见,伫立浪潮平。海火熬盐夜,吾心犹似蒸。 

98.风そよぐならの小川の夕ぐれはみそぎぞ夏のしるしなりける/従二位家隆 
风吹栖树动,暮色满京都。御洗水纯净,可能涤罪无? 

99、人も爱し人も恨めしあぢきなく世を思ふゆゑにもの思ふ身は——后鸟羽天皇
爱恨合成人,空谈世上真。恩仇谁泯灭?烦恼不能扪。 

100.ももしきやふるき轩ばのしのぶにもなほあまりある昔なりけり/顺徳院
深宫荒草没,战乱频仍过。回念旧繁华,太息不能绝。

 

评论
热度(1)
©hxxdr
Powered by LOFTER